動物慰霊祭と6回目の月命日

 10月3日(水)
  わん が通院した
  山口大学動物医療センター」において
ds22v.cc.yamaguchi-u.ac.jp


 動物慰霊祭が行われました
12 42 TG-830           4608x3456


 普通の動物病院では
  手の施しようのない重篤状態な状態を
  打破しようと
  一縷の望みをかけて
  沢山の方が来院されています
  県内は勿論の事
  中四国・九州はまだ近いほうで
  関西、遠くは関東からも
  皆 愛する子達の為に必死です
  時間もお金も凄く、凄くかかります
  心も凄く凄く凄く苦しいです

  遠方の方は
  週一か、月に2~3度しか来院する事ができません

  幸いにも近くに住んでおり
  状態が悪い時は毎日病院へ通っていました
  かかりつけの病院や担当の先生の教え子の病院と
  密なる連携をしていただき
  医療センターがお休みの時などは
  その動物病院で適切な処置をしていただきました
  わん恋ままの職場の理解も大変ありがたかったです
  ただひたすらに わん の為に
  生活していた5ヶ月間

  わん を見て
  笑うのにも必死でした
  悲しむ顔を絶対に見せない!と
  
  病状が進行し
  フードを食べるのに一喜一憂していました
  本当に泣いて喜びました

  11月の半ば過ぎ
  病気が判明し
  余命一月
  年末まで持たないと言われました
  年が越せましたが
  私達が思っているよりも
  状態は悪いようで
  いつ亡くなってもおかしくない、と
  毎日が綱渡りだったそうです

  主治医とスタッフのみなさんが
  考えに考えた治療法で
  奇跡的にもまた一緒に桜が見れました
15 01 NIKON D3300 6000x4000_003


 虹の橋を渡る
  ちょうど一月前です
  リンパの腫れがひどい時もありましたが
  写らないように
  ブログではいつも元気な わん を
  装っていました
  
  そんな わん でいてほしかったから
14 49 NIKON D3300 6000x4000_003


 式辞を述べなければならない
  お忙しい中
  わん恋ままに声をかけてださいました
  主治医のサブとして
  ずっと わん の事を考えていただき
  いつも優しく わん に声をかけてもらいました
  
  式辞後もまた話に来てくださったそうです
  わん の事を思い
  式辞を述べられたそうです
  感謝の気持ちでいっぱいです

  飼い主とペットの気持ちを考え、寄り添った
  きっと立派な獣医となられるでしょう
14 16 TG-830           4608x3456


 わん恋ぱぱが写真を整理し管理しているのですが
  この写真を見て号泣しました
  涙が枯れるほど泣いたのですが
  まだまだ溢れてきます
f:id:yasukazu01:20181018195446j:plain


にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ
にほんブログ村  
ポチッと押してくださいだわん

Free Mail
wankoi20140214@gmail.com


f:id:yasukazu01:20171007213438g:plain